'; ?> ウェディングドレスとウェディングアイテム

ウェディングドレスとウェディングアイテム

ウェディングドレスと一緒に使われるウェディングアイテムには、さまざまなものがあります。ドレス選びもそうですが、ベールやティアラといったウェディングアイテムを選ぶのも結構時間がかかってしまうものなので、じっくり選びたい場合は早めにウェディングドレスを決めておきましょう。レンタルする場合は、ウェディングドレスのレンタル代に含まれている場合があるのですが、別料金になることもありますので事前にレンタルショップに確認することが必要です。このページでは、ウェディングアイテムについてご紹介しております。

ウェディングアイテム

結婚式に用いられるウェディングアイテムは、実にさまざまなものがあります。それぞれの特徴を知って、自分なりのコーディネーションをしましょう。それぞれのウェディングアイテムの特徴は、次のようなものです。

パニエ

パニエは、ウェディングドレスのスカートに膨らみを持たせるためのアイテムです。大体のレンタルショップでは、ウェディングドレスと一緒のセットになっています。ボリュームのあるスカートですので、全体のバランスをチェックするようにしましょう。

ティアラ

ティアラはアップヘアやベールとの相性が抜群なので、ウェディングドレスに合わせて選びましょう。ティアラをつけるだけで、優雅な雰囲気を演出できます。上質なスワロフスキーなどを使用したティアラは輝きが違います。使用している石もジルコニアキュービックや宝石などとランクによって様々なので、全体のバランスをみて選びましょう。

ベール

もともと花嫁の魔よけとして用いられていたベールですが、ベールの長さによってその印象は大きく変わってきます。ベールが短ければカジュアルな印象を与え、上品な雰囲気を漂わせる結婚式などではロングベールが適しています。ベールは、会場の大きさや着用するウェディングドレスに合わせて選ぶのがポイントです。

カチューシャ

カチューシャは、花やビーズなどの素材を使って作られたヘアバンドです。ロングヘアーやショートヘアに関わらず、どの花嫁にも似合うウェディングアイテムです。

クラウン

 輪状になった王冠に模した髪飾りがクラウンです。「王冠」からそのイメージは優雅な印象を受けますが、デザインによっては可愛らしい印象を与えるものもあります。

グローブ

カトリック系のキリスト教では、肌が露出しないように袖の長いドレスやグローブを着用していました。それが発展して現在の花嫁もウェディングアイテムとして、グローブを身につけるのです。その種類も豊富で、色や素材、長さなどさまざまなのでウェディングドレスに合わせるようにしましょう。

ガードル

スレンダータイプなど、細めのウェディングドレスを着る場合は用いたいウェディングアイテムです。ウェストやヒップをしっかりサポートするので、美しいラインを作ることができます。スレンダータイプなどでは、長さが太ももまであるガードルが効果的です。

ロングブラ・ウェストニッパー

ロングブラはビスチェと比べてあまり締め付け感がなく、ビスチェが苦手な方は試してみてはいかがでしょうか。ウェストニッパーも一緒につけることで、綺麗なウェストを作りましょう。

ブライダルインナー

ブライダルインナーとは、ウェディングドレスを着用したときにより美しくそのラインを見せるための、強い補正力をもったウェディングアイテムです。バストの形やウェストのくびれ、引き締まったヒップラインを作ってくれます。ウェディングドレスをレンタルする際、試着するときにはブライダルインナーを貸してもらえるのですが、それ以外では自分で準備しなければいけないので結婚式当日までには用意しておきましょう。ここでブライダルインナーを購入する際の注意点ですが、あまり早めに購入してしまうと後々ダイエットなどでウェディングドレスのサイズが変わってしまった場合、また購入しなければいけなくなる可能性があります。そうなると二重に費用がかかってしまうため、ブライダルインナーを購入するときはウェディングドレスを合わせる最後の段階で購入するようにしましょう。

注目サイト

東京の着付け教室おすすめベスト5!口コミを比較してご紹介

Last update:2018/7/17

Copyright (C) 2008 ウェディングの雑学. All Rights Reserved.