ウェディングドレスに関係する雑学

ウェディングドレスについてはいろいろと分かってきたと思いますが、それに関係するものについては疑問に思っている方もいらっしゃると思います。そこで、ウェディングドレスに関係する雑学をこのページではご紹介したいと思います。

雑学1 : ウェディングヴェール

花嫁がつけるウェディングヴェールですが、もともとは魔よけのアイテムでした。古代ローマやギリシア時代から存在するもので、あの聖母マリアもヴェールを被っています。現在結婚式で行われるフェイスベールは、キリスト教のプロテスタントの習慣だったようです。やはり魔よけとしての意味合いが強く、結婚式に花嫁がフェイスベールをするのはこのことから来ているようです。この儀式が一般的に広がって、今のような形になったんでしょうね。フェイスベールは魔よけの意味合いがあることから、それが壁となって新郎と新婦の間を隔てるものとなっています。この壁を取り払ってキスをするというのが、二人の関係が親密になったという証でもあるのです。ロマンチックな話ですね。
ウェディングベールにはこのような言い伝えが残されていますが、必ずしもベールが必要というわけはありません。ベールをつけなくても結婚式を挙げることはできますので、そんなにこだわらないようにしましょう。結婚式にベールをつけずに披露宴で被る人もいますので、自由に行いましょう。

pickup

名札の作成

最終更新日:2017/6/8

Copyright (C) 2008 ウェディングの雑学. All Rights Reserved.